365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

英語なんて♪

この前、英語の授業がありました。
珍しく僕が3回も当てられましたよ。

おちおち本も読んでられません。

3回も当てるなんて偶然は滅多におきません。
きっと担任の先生が僕のことを口添えしたんでしょうな。
だって、学年ビリだもん。
進級が難しいみたいww

この学校は留年は嫌いみたいで、赤点の場合は『転校』又は『夜間』にさせられる模様。(赤点⇒テストの悪い点)

はーあ。面白くない。

転校は好きじゃない。興味あるけど(笑)
そういえば、3回とも僕が当てられたときの話ですが、全て間違えました。
クスクスとクラス中に笑いが起こったのは不思議です。
一生懸命答えてるのにww(笑)
教科書の文を読んで訳す問題。

夢水 「あの男は、彼らと入れ替えるためにいる」

先生 「ブッブー。なんでそうなるのかなぁ? あの男に当たる単語は何?」

……分かりませんよぉ。
とりあえず、それらしい単語を答えるとするか。

夢水 「インメロッシブ……ですか?」

先生 「はぁ? それは全然違うよww(意味も読みも含めて)」

ここで笑いがおきます。摩訶不思議です。



先生 「答えは、『この環境を変えてしまったのは誰なのか?』です。」

先生 「分かった? 夢水君? ちゃんと単語を調べてきてください」


と独自の英語論を展開する先生を尻目に僕は冷静に考える。







なんでこんな目に遭っているんだろう?



そもそもは教科書に単語の意味と訳がないのがいけないんです。
とりあえず、この時点では先生も落ち着いてます。

このようなやりとりが授業中に3回あった。
そして、3回目に僕が間違えたときに事件は起こった。



先生 「あのさ、夢水さ、ちゃんとさ、予習してきてる?」



後から考えて分かったことですが、この時点で先生は怒っていたようです。
僕は雰囲気が読めないので気迫で喋っている先生の怒りが読み取れません。

夢水 「いや、やってません☆」

先生が持っていた教科書をスッと教卓に置きました。
さすがの僕も先生がご立腹なことに気づきます。




先生 「夢水はさぁ、あれだけ理科ができるんだから、やれば出来るんだよ。だからさぁ、ちゃんとやろうよ。ね?」


だんだん、先生はヒートアップしてきます。



先生(説教モード) 「科学の論文だって、最新のはほとんど英語で書かれてるんだよ。日本語に訳されるのは1ヶ月2ヶ月後なんだよね。そんとき英語読めないと困るでしょ? 少しは頑張ろうぜ」

先生が説教している間も僕は考えます。




そんなことを考えていると、いつのまにか説教は終わりのようです。
先生が黒板に向かっている間に、僕は携帯のメモ機能を使ってさっき考えた事をメモします。





というわけで、日本教育に屈するわけではありませんが英語を勉強してあげようと思います。
とりあえず、こっちが勉強してあげる側です。
どっしりとした態度で臨みましょう。
つまらなかったらやめちゃえばいいんです。


まず、やるときは明確を明確にする。
単語だけでも憶える事は3つある。
綴り。
読み。
意味。
この三つを覚えなければならない。

単純に『単語を覚える』という目標ではなく、上記の三つの要素を憶えないといけません。
よって、『単語の綴りを覚える』のように目標を明確を明確にして明確に勉強です。

単語の綴り 「 abnormal psychology 」

単語の読み 「アブノーマル サイコロジー」

単語の意味 「変態心理学」

よし! これで3つの要素を憶えました。

……

ちょっと、綴りが曖昧ですがwww(笑)



テストしてみましょうまずは綴りです。

 「 abunoumaru psaikorogy 」

どうかな?

……!? 3文字目で間違えています。あと、ほとんどが間違えまくってます。

読み 「アブノーマルサイコロジー」

意味 「変態心理学」

OK! 読みと意味は完璧に憶えました!
綴りは50%ぐらい間違えてますがね(笑)



やっぱ、英語だめだわ。
興味がわかない。






無理だ。



脳の無駄使い。







上りたくない者にハシゴを上らせるのは無理だ。 



そもそも英語は分かりにくい。

なんで、日本語に似てないんだ?
文法を日本語と変えすぎ。

SVOってなんですか?


え? Sは主語の頭文字だって?

そんな概念で憶えちゃダメだ。
すらすらと言えるように体で覚えないと。


論理で憶えようとするな。
体で感じるんだ。


なんか寒いよ。


この時期に裸になるなんて間違ってる。




服を下さい。




嗚呼、寒い。

 ただいま、順位は21位! おおっ! なかなか凄いぞww
   目標は20位でも目指しましょうか(笑)コメントするも、投票するも同じ労力です。

  1. 2005/11/08(火) 19:16:19
  2. | Comment:6

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置