365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

迷ったときの迷い方

最近、迷ってますか?

迷うのはとても楽しい。

どれくらい楽しいかというと、これくらい(両手を広げる)楽しい。


さて、人生には迷うシーンがいっぱいありますよね。
たぶん1日に100回は迷ってます。
朝起きて、「布団から起きるか、起きないか」
起きた後に、「着替えるか着替えないか」
そのあとに、「学校に行くか行かないか」
とにかく数えたらキリがない。

そこで画期的な迷い方を紹介。

それは通称「Yメソッド」と呼ばれるもの。

まず迷ったら、3つの指標に当てはめるという手法です。

それは

という質問に「自問自答」するのです。
2者択一であれば、確実に決定します。
しかもたったの3問の質問を憶えるだけなので、手軽です。


~例~

 友達と遊ぶか、部屋の片付けをするか。

 ケーキを食べるか、ガマンするか。

 寝るか、勉強をするか。


このような日常生活と密着している迷いも見事にケリをつけられるのです!
では、実践してみましょう。

命題1
 《友達と遊ぶか、部屋の片付けをするか。》

この問題に先述の3つの指標に当てはめてみましょう。
・どっちがやりたい?
これは自分に問いかけてみます。
これは答え方の「例」なので僕が仮の答えを答えます。

仮の答え 「遊びたい」

このように自分で答えを選ぶ事によって、ポイントがたまります。
この場合、「遊びたい」に1票入りました。


次の質問。
・どっちが重要?
これは客観的に考えてください。
自分にとってどちらのほうが大切か考えてください。

仮の答え 「部屋の掃除」


そして最後の質問。
・明日死ぬとしたらどっちを選ぶ?
これは真剣に考えてください。
明日死ぬんですよ?
人生に後悔しないための生き方ができるかはここで決まります。

仮の答え 「友達と遊びたい」

よって、ここまでの3つの質問を統合してみましょう。


「遊びたい」が2票。
「部屋の掃除」が1票。
よってここは「友達と遊ぶ」ことを選択する。


このように「自分のなかで多数決」が出来るのです。

もちろん生活の小さな悩みだけでなく、人生に関わる大きな悩みも解決できます。
質問が3つなので、2者択一であれば確実に答えが出るというオマケ付き!

この記事に勇ましく投票!
  1. 2006/05/10(水) 21:25:51
  2. | Comment:11

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置