365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

文化祭そして後夜祭それと裏の視点

その日の日記はどうしても夜遅くなってしまう罠。

今日は文化祭2日目でした。
今日はのんびりといつもどおりの時間に学校に行く。

今日も部室で校内アナウンスのため待機。
アナウンスの仕事は何時何分にどれを読むというのが決まっている。
しかし、アナウンス班は3人ぐらいいるので、自分はクラスの係へ行くことに。

クラスの係をやっていると他の学校の友達から電話がかかってくる。

まっちゃん 「もうすぐ学校に付くよ」

僕 「ん。分かった。いまクラスで仕事中だから3階の2年5組まで来て」

と、言い終わって気が付く。
うちの学校の文化祭はチケット制だーーっ!Σ(・ω・ノ)ノ
急いで階段を駆け下りて、チケットを持って校門へ出る。

すると目の前に広がるのは2人の友達。
チケットは4枚とったので2枚余った(´・ω・`)
そして天候は雨。
お客さんは一向に途絶えない。

とりあえずチケットを渡してクラスの仕事に戻る。
すると友達2人がクラスにやってくる。

「いらっしゃいませ、こんばんはー! お客様、トランプをいただきます」

と、初めての人にはわけの分からないことを言う。
ちなみに、うちのクラスは「アリスの迷路」と「ダーツ」というがメインで、僕はうさぎの姿で登場。(コスプレだーーっ!)

お客さんは、首にかける大きな(ダンボール製の)トランプを入り口で受け取る。
そして迷路内にある膨大なトランプの中から、自分が首にかけているのと同じトランプを3枚見つける。
見つけたら、出口でダーツをやって、点数によって「プラ板」か「ミサンガ」かを選ぶ。
0点だともらえない罠w

そのあと僕の係が終わるまで、友達は校内を見回ってくるらしい。
当番の仕事は、ゴールしたお客さんのトランプをもらうという単純な係。
回転率が良くていい商売だ(´▽`*)

1時間後、当番が終わると電話が来る。
そして金券所で合流。

そのあと、1年の展示の「カジノ」へ行くことに。
そこで最初に40ドルを貰って、ゲームをして80ドル増やすとお菓子がもらえるシステム。
アトラクションは4つあって「ルーレット」「ブラックジャック」「ババ抜き」「ダーツ」とあるのだが、ルーレットのオッズがおかしい。

ディーラーの娘 「こちらの赤か黒かを当てると掛け金が2倍になります」

僕ら3人 「ふんふん」

ディーラーの娘 「こちらの偶数か奇数かを当てると2倍になります」

僕ら3人 「ふんふん」

ディーラーの娘 「そして、こちらの1から12と、13から24と、25から36かを当てると2倍になります



「な、なんだってーーっ!」


ディーラーの娘 「そして、数字に賭けて当たると4倍になります」



オーマイゴットΣ(Д`|||ノ)ノ


誰もそんなところに賭けねぇよwww
確率36分の1なのに4倍ってΣ(・ω・ノ)ノ
どうみても、赤か黒かに賭けるのが期待値が高い。

これは1年生の「数学が分からないやつは不幸を見ろ!」というメッセージがプンプン伝わってきます。
(ルーレットの正しいルールはこちら

そのあと体育館にライブを見に行く。
さっきのカジノが良いアイディアだとか話していると、友達の「将棋部」は文化祭で何をやるかが話題になる。

僕 「将棋かー。なんかインパクトないよな。ダンボールで何十倍のコマを作るとかw」

N 「もしくは40人集めてやる」

僕 「人間将棋かっ!」

将棋のインパクトを高めて宣伝効果作戦というのがいいらしい。

僕 「あと、コマが動かすたびにチカチカ点滅するとか。あと、効果音とかも出る。こまを動かすとラオウの声がするとかww」

N 「(爆笑)」

僕 「あと、成金になると、裏には昭和の成金の絵が出てくるw」

N 「成金になると部屋が真っ暗になって、先生がお札を燃やして……『ほ~ら、これでよく見えるだろ』って照らすww」

僕 「やべぇww想像したら面白すぎるww」

将棋部らしからぬエンターテイメント性が垣間見えます。(何

N 「お金を使って相手のコマを買収するとか」

僕 「うあwwリアルだw」

人生ゲームと将棋がごっちゃになった、現実味溢れるエンターテイメントが仕上がりました。(仕上がってないw
友達もこのブログ見てるから、セリフの覚え間違いとかが怖いw

その後友達が帰ったので、部室に戻る。
すると、見知らぬOB・OBがいる。
仕方がないので「あ、先輩お久しぶりでーす!」と話しかけて仲良くなるトリックw

定時のアナウンスも少しやってくれました。
ここで凄い事が判明。
どうみてもアニメの声優のような人が3人近くいる。
原稿を読んでもらうと……

OG 「校内のお客様にぃ↑ 連絡いたしますっ

ガガーン! まるでアニメばりの声に恐々諤々。
文字じゃ表現できないのが残念。
この驚きは、サンリオピューロランドのつまらなさに気が付いたときぐらいのもの。

さらにOGの中にはサンリオピューロランドでアルバイトしている人がいて、そのセリフを喋ってくれる。
「夢のタイムマシンに、ご乗車いただき まことにありがとうございます。またのお越しを、お待ちしておりまぁーす

すげぇ……本物だ……!!!!!!
本物が目の前にいる……!!

日常会話なのにまるでラジオCDのように聞こえる。
そして本人もどうやら即興で演技ってる様子。
プロは違うな…… 声優って凄いですね。
(しかも声のパターンをたくさん持ってます。校内アナウンスだけで「メイドさんバージョン」「アニメバージョン」「サンリオピューロランドバージョン」と3つも聞かせてくれました)

その後は体育館に行って後夜祭。



後夜祭は始めての体験。




この順位にこの記事……
上位の宿命か……Σ(・ω・ノ)ノ
  1. 2006/06/11(日) 22:54:27
  2. | Comment:8

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置