365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

点数乞食から身を守れ

ハワイ修学旅行 ~待ちに待ったら町に待つ~
ハワイ修学旅行 ~停電のドラブルはお先まっくら~
ハワイ修学旅行 ~眠れぬ公共機関~
ハワイ修学旅行 ~喉元過ぎれば紫外線忘れる~
4日間かけてハワイ企画は終了した。

ところがブログでは描かれていない事実が隠されていた……!

中間試験である。

ブログでは存在をおくびにも出さなかったが修学旅行の直前まで試験だったわけです。
10日から13日までテスト期間でその直後に修学旅行出発の日程だった。
旅行中にテストが返されるのではないかという噂も飛び交った。実際それをやったら別の意味で一生に残る出来事ではあるが。

そして今週からテスト返却期間。この時期になるとクラスに1人はいる友達に点数を聞きまくる輩である。
他にもテストの点がすべてだと信じており点数で一喜一憂している点数バカも存在する。
彼らに共通するのは「試験でいい点数を取って、いい大学に入って、いい会社にはいって、莫大な金銭を手にすること」が幸せだと信じて止まないことだ。
僕はそんな彼らを【教育洗脳者】と名付け、通称・「キョン」と呼んでいる。

そんなキョンに今日はスポットを当ててみたいと思う。
うちの学校だけに留まらず、日本全国にキョンは存在する。
クラスのキョンに今日だけで10回は点数を聞かれた。僕は試験の点数の価値の低さを知っているから、周りがそこまで点数に固執する理由が正直分からない。
点数に支配されて自分が振り回されていることに気が付かないキョンたち。
彼らに非キョンからの言葉は聞こえない。すでに学校教育のシステムに長い期間洗脳されているからだ。さすがに高校生になるとこの洗脳を解くのは難しい。
「この人生で点数がすべてだ」と聞かされてもすぐには信じない。ところが9年間言われ続けるとどんな人でも洗脳されてしまう。高校生にもなると10年以上暗示にさらされ続けているわけだから、ちゃんと自分を維持している子は極極極少数である。

別にキョンを批判してるわけじゃなくて、そういう洗脳システムにあなたも組み込まれてるってことを意識して欲しい。
それに、自分のやりたいことが見つかるまではキョンのままでもいいんじゃない?

そんな事を考えていたとき隣の席の女の子が点数を聞いてくる。
僕が点数を言うと彼女のほうが1点多いようだ。
 「やった!」
彼女はそれを知って笑顔を浮かべる。
僕と彼女の点数はどちらも1桁でクラスでは最下位を争う。
ところが僕は彼女の喜んだ顔と歓声を聞いて目が覚めた。
僕は留年の危機から「もっと点数が欲しい!」と望んでいた。それは彼女も変わらないはずだ。留年候補として先生に呼び出されるメンバーでもある。
知らぬ間に僕は点数を無意味に欲しがる【点数乞食】になっていることに気が付いた。
彼女は自分の今の点数を見て純粋に喜んだのだ。
「やった!」という嬉しそうな表情を見て僕はそれに気が付いた。
そうだ、もっと自分の取った点数に感謝しなくちゃ。
もっともっと感謝しなくちゃ。
死ぬほど感謝しなくちゃ。
こんな点数じゃヤバいとか点数を批判ばかりしていた。
それじゃだめなんだ。
自分の点数に感謝することをすっかり忘れていた。

そんな気持ちを忘れていない彼女にこのエントリを捧げる。





まとめ

点数乞食になっていないか

  1. 2006/10/24(火) 20:18:44
  2. | Comment:14

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置