365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

ダイオキシンの恐るべき恐怖

昨日のDHMOの恐怖という記事に、あんまり騙される人がいなかったのが残念(´・ω・`)

あれでみんなが騙されてくれたら、今日の記事は「人は騙されやすい」うんぬんで書こうと思ったのにー(´・ω・`)

つまり、水でさえも書き方によって人を誘導したり騙すことができるのです。



たとえばダイオキシン。

ダイオキシンはものすごい毒性があって、環境にもすごく有害ってイメージがある。

実際はほとんど無害である。

むしろまったく無害といっても過言ではない。

だいたい許容量の1万倍のダイオキシンに20年間に接していてやっとタバコ1本の害になるようだ。

でもあれだけ騒がれたんだから、少しは害があると考える人もいるかもしれない。

ならダイオキシンで死ぬ方法を考えてみよう。

ダイオキシンで高濃度に汚染されたキャベツを

1000万個食べて、やっと死亡できる可能性が現れる。

……むしろ栄養失調で倒れそうだ(´・ω・`)


これって醤油とかカフェインの致死量よりひどい。
ダイオキシンより醤油のほうが猛毒ということを知っている人は少ないようだ。

醤油の致死量はだいたい168~1500ml
だから醤油を一リットル飲むと人間は死んでしまう。
コーヒー75杯。カフェインをコーヒーで摂取すると75杯をグビグビ飲んでやっと死に至る。
水の致死量は9.5リットル。むしろ胃が破裂しそうだ。
ほかにも砂糖で死ぬには1kgもの量を摂取しなきゃいけないし、塩で死ぬには200gを一気に食べなければならない。

簡単な方法として直径18cmのケーキを14個食べると死に至る。

ここまでくるとダイオキシンがものすごく小さく見える。
(むしろ毒と呼ぶほうがバカバカしい)


■参考

 DHMOによる死亡者数……数え切れないくらいの莫大な人数
 交通事故による死亡者数……毎年約8000人以上
 タバコによる死亡者数……483万人
 ダイオキシンによる死亡者数……4人



まとめ

どんな物質も毒に仕立て上げることが可能

  1. 2006/12/27(水) 22:55:43
  2. | Comment:10

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置