365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

ブランドを作った人が陥るたった1つのこと

人は誰しも自分のブランドを作ります。

それは「名前」だったり「作品」だったり「企業」だったり、形態は様々。

ところがブランドを持った人が陥ることがあるのです。




ブランドというのは積み木みたいなもので、作れば作るほど大きくなります。
その大きな積み木を前にすると、人は寄っ掛からずにはいられなくなるのです。

ブランドには人が集まります。
ブランド=信用 と言ったもので、人が多いほど、信用度が大きいほどブランドが大きいといえます。
自分が積み上げた努力と時間に頼りたくなる欲望は果てしなく強いです。


あるコンピューター会社がゲーム機を作りました。
そのゲーム機の名前は知らない人がいないくらい有名なブランドで、ファンも多いです。
ところがそのコンピューター会社はゲーム機を59,800円で販売すると発表してしまったのです。

もし、そのコンピューター会社が製作したということを伏せて、ゲーム機のブランド名も使わずに同じものを売ろうとして、その値段でOKサインを出すでしょうか?
誰も売れるとは思いません。
ただ、盲目的にブランドに頼ってしまったのです。
「このコンピューター会社が作った、○○というブランドのゲーム機なら売れるだろう」と楽観的観測をしたのです。

自分が積み上げたブランドには莫大な力と、魅力が伴います。
多少、現状の力が落ちたとしても、そのブランドに乗っていれば倒れることはありません。
ただ、ブランドに頼りすぎると色々な弊害が出てきます。

1. 歩みが止まってしまう
2. ブランドを壊すことになる
3. 惰性の癖が付く

自分が積み上げたものの上に鎮座するのは気持ちがいいです。
でもそれは積み上げるという行為を停止するということ。
向上心が失われます。

さらにブランドに依存しすぎると、いつかそのブランドも倒れます。
「このブランドなんだから売れるだろう」という怠慢が、ブランドの質をみるみるうちに下げていくのです。

ある程度ブランドが大きくなると、惰性で生産をしてもお客さんは居付いてくれます。
そこで質を上げずに惰性で進み続けると、新しさは失われ、新鮮な雰囲気は消え、旧式になってしまいます。

自分のブランドとは一定の距離を置くのが良い付き合い方です。



まとめ

ブランドに頼り過ぎないようにしよう





  1. 2007/02/09(金) 21:44:18
  2. | Comment:14

バレンタインデー企画まとめ

先日のバレンタインデー企画にたくさんの応募ありがとうございます!

なんとか14日に届くように善処マッスル(´∀`*)



☆応募者&希望のもの確認☆


:: robana :: 変態と変人と時々常人 | バレンタインデー企画
黒くて細いサングラス

Yahoo!ブログ - A blue sky and a rainbow. バレンタインデー企画
伊達めがね

Ja-min☆ バレンタインデー企画
ちんすこう

はさみがみかんになるブログ: 「バレンタインデー企画」について
イヤホンの先に付ける耳の穴にフィットするゴムのアレ

ハイリスク・ノーリターン 斬新な企画
黒カバーのメモ帳

陽気なジョルノが地球を回す あはは。 トラックバック忘れてた。
黒いものいろいろ (シャーペンの芯、黒酢、黒飴)

++little happiness++ バレンタインデー
伊坂幸太郎さんの 重力ピエロ の文庫、やなせっち直筆サイン、ぬいぐるみ、ご当地キティちゃんの根付、ご当地キティちゃんのボールペン
(プレゼントはサプライズ)

△△ 峠の茶屋 △△  - オリジナルしおり下さい(;^o^A
手作りしおり

本能ストイシズム バレンタインデー企画
黒猫、黒薔薇、とことん実用的にシャーペン


以上、9名の方から応募をいただきました(´∀`*)

応募者のみの連絡フォームから住所とか教えてくれるとありがたいです。
プレゼントの変更や、愛のメッセージもついでに受け付けます(ノ∀`*)



おまけ

FC2ブログRanking専用のバナー作りました。
ご自由にお持ち帰りください(・∀・)

大 


中 


小 



とりあえず僕は一番クリックしにくいバナーを使おうと思います。

  1. 2007/02/09(金) 20:28:44
  2. | Comment:8

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置