365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

Google Chromeに惚れたところ

クローム

グーグル クロームを使い始めて何日か経ちました。

そろそろ気に入ったところをレビュー。





何より一番に目に付いたのは、タブの位置の高さ。
一瞬びっくりするが、1秒後にはその合理性に興奮せざるを得ない。

僕たちは、ブラウザ「が」見たいんじゃない。

僕たちは、ブラウザ「で」見たいんだ。








Ctrl + Bでブックマークがニョロっと表示されます。

お気に入り

常に表示されないのでいい感じ。
なんで今までずっと表示させてたんだろう。
画面いっぱいに見るにはブックマークは隠されてたほうがいい。

そしてタブより下にアドレスバーがあるのがいい。
これも理にかなってる。

さらに下にあるステータスバーを消したのは秀逸。
タブの位置と同じくらいすごい。





しかし、それを上回る、もっとすごいアイディアがある。

フォーム

それがこれ。アドレスフォームと、検索フォームが融合している。
これは既存のブラウザを使っているとなかなかたどり着けない領域。
URLを入れても、言葉を入れてもOK
言葉を入れると、候補も現れる。



タブの移動が自由自在なのも、これまで気づかなかった不便。
それをなんの説明もなしに実現させてしまっている。






その次にすごいと思ったのが履歴の表示。

履歴

見てくれ。分単位だ。
ここまで見やすくて、詳しい履歴表示があるブラウザがあっただろうか。




と、ここまで書いて、もっとすごいことを見忘れていた。

あまりにも凄すぎて気づかなかった。(すでに驚きであふれているブラウザだからさ!)


ツールバーに「メニューバー」が存在しない!
これはとっても画期的。
あんな邪魔なものはずっと無くなればいいと思っていた。
Webが見たいのに、あれのせいでブラウザが占める領域が多すぎた。

ここまで洗練されシンプルなブラウザは新しい。
新しいタブを作ったときに現れるトップページが便利。
アクセシビリティはそこに集約される。

ボタンも「進む」と「戻る」と「更新」と「☆」の4つしかないのも素晴らしい。

(僕はできれば、この4つのボタンも無くなればいいと思う)


「印刷」だとか「検索」だとか「ホーム」だとかの、余計なボタンはもう、うんざりだ。





すごいことをしてるわけじゃない。



無駄なものを徹底的に省いている。



そぎ落とすことに命をかけたブラウザ。





最軽量、最高速。






Google Chrome


  1. 2008/09/05(金) 03:14:12
  2. | Comment:7

大阪の妙

文化



大阪では面白いものが見れた。
8月に2泊3日で遊びに行った。

まさかテレビまで関西弁。


同じ日本なのに言葉がここまで違うこれって不思議。



でも、外国から見たら、一つの国で一つの言語で統一されてるってすごい。



一致の不一致。

公用語が複数ある国も大変だけど

北海道と沖縄の人では、会話ができない。



同文化コミュニケーション。
  1. 2008/09/05(金) 00:00:03
  2. | Comment:4

回転体

電車と回転



夜の写真は面白い。
光がどうなるのか不思議。


夜の電車は、回転する。


  1. 2008/09/04(木) 00:00:03
  2. | Comment:4

メモの処理

メモを整理しよう


携帯でメモった文章は、まとめて印刷します。


メモるのは簡単。そこからどう活用するのかが難しい。



腐る前に、使えるようになりたい。

  1. 2008/09/03(水) 00:00:02
  2. | Comment:4

大人のおもちゃ

写真



君は大人のおもちゃを知っているか!

まさに魔法! 奇跡のような気持ちよさ。




それがカメラ。


信じられない。



見たものが、そのまま保存できる。



こんなに面白いおもちゃを君は知っているか?







恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!







恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!

恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!

恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!

恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!

恥ずかしがらずに、写真、撮ろうぜ!






(大切なことなので6回言いました)

  1. 2008/09/02(火) 00:00:01
  2. | Comment:5

ネットの向こう側

みくしー



ネットの向こう側って、どうやって作られているのかな。


すごく無機的なイメージで、モニョモニョしたところから自然と生まれてきてる。








そんなわけはなく、血生臭い現場から生まれています。

幸いにもネットの向こう側の仕事をすることができ、サービスができる過程を少しわかるようになりました。


BTSと呼んでいるバグ管理システムを使って、バグを見つけては溜めていきます。


蓄積されたバグを、開発者が逐一修正していきます。




他にも仕様書を見て、テスト設計書を作ったり、検証をしたりします。

「更新」ボタンを押したら、確認画面に遷移するか。
確認画面で「更新」ボタンを押したら、日記が更新されるか。
もし、確認画面から「戻る」ボタンを押しても内容は維持されているか。

コミュニティを作ることはできるか。他のユーザーから表示されるか。
画像はきちんとサムネイル化されるか。
日記を更新すると、他のユーザーから見ることができるか。
削除はうまくいくか。コメントを書くと表示されるか。

そうやってネットの向こう側のサービスは細かくチェックされます。



IE・FireFox・Operaなど、複数のブラウザで検証するので、テスト項目は何倍にも膨れ上がります。

もちろんau・docomo・Softbankも忘れません。



日記タイトルを空欄にするとエラーがでるか。
メールを送信して更新ができるか。
「足あと」を携帯から踏んでも表示されるか。



そんな華やかな外見とは裏腹に、地道な作業です。





ネットは、作る側が、常に見えない。







そんなありがたみを感じつつ今日も「記事を保存」ボタンを押す。



  1. 2008/09/01(月) 19:40:37
  2. | Comment:3
Prev

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置