365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

ブログ界は階級社会である

ブログ界っていうものはつくづく階級社会だと思う。

アクセス数や、ランキングが上下関係を決めている。

そういう要素が集まり、レベルが決定される。

そして、レッテルが貼られる。

「あそこのブログはえらい」
「このブログはダメ」

ブログって厳しいな。

そこで、ブログのレベルを決定付けるものを見つけてみた。
とりあえず、上にある項目ほど上位的なイメージがあります。

そして上流階級は上流階級同士で集まり、下流階級は下流階級同士で交わっている。
身分を越えた付き合いができるのがネットの特性なのに、こういう現象があるのは興味深い。
たとえばランキングで1位~30位ぐらいのブロガーは仲がいいことが多い。
逆に、1位のブログとビリのブログが仲がいいのを見たことがない。

これはセンスとか、似た者同士が仲がいいとかいろんな要素が絡み合って起こる現象でしょう。

ブログのコメント力で書いたように、ブログが面白い人はコメントが上手い。
すると友達がどんどん増えるという寸法だ。
結局、ブロガーは、活発なブログにコメントを残したいですから、階級ごとに集まってしまうのはしょうがないことなのかもしれません。
そもそも、下流階級のブログは更新頻度も少なかったり、コメントを書かなかったりするので、交流が無いのかもしれませんが。


まとめ

ブログ界は意外と階級社会



↑このバナー小さくないか?
見えなくて、クリックできないのだが……
  1. 2006/06/26(月) 22:06:55
  2. | Comment:12
<<ブログは趣味じゃない | home | 「ガチツン」オフ会>>

Comment

やっぱり上位のブログの人は話してて面白いですよね♪
学校では通じないネタもわかってくれる><><

ブログは階級社会だけれど、実力のあるブログはすぐに上がりますよね
ほんの1,2ヶ月で1位とかに上がりますからね><


>たとえばランキングで1位~30位ぐらいのブロガーは仲がいいことが多い
つまりやなせさんと、自分は友達になれるということですね♪(何
  1. 2006/06/26(月) 22:15:48 |
  2. URL |
  3. お前に名乗る名などない #TiBV2c6Q
  4. [ 編集]

人気のあるブログは読んでて楽しい

コメントしたくなる

人気があがる

こんな感じがするお( ^ω^)

人気の人のブログにコメント書くときに自分のURLを貼る勇気がない私はかなりの小心者ブロガーw
そんな小物ブロガーならではのブログを体験してみたい物好きな方
いましたら「性悪猫」へどうぞおこしやすwwww

なにげに人様のブログで宣伝してみたりw←どこが小心者か?!Σ(・Д・ノ)ノ
  1. 2006/06/26(月) 22:23:39 |
  2. URL |
  3. 性悪猫 #KD5XUSzs
  4. [ 編集]

とても共感する!!
>●アクセス数
>●コメント数
>●更新数
>●ブログ歴
>とりあえず、上にある項目ほど上位的なイメージがあります。
ほんとそうだね^^
でも、アクセスあげるにはやっぱり時間かけなきゃダメかな??
僕のブログは更新数は半端じゃない(とおもってる)よw
期末終わったら再びテンプレ改造&宣伝活動しようかな。
やなせさんのランキング上位に入るコツをぜひ教えてください!

>逆に、1位のブログとビリのブログが仲がいいのを見たことがない。
僕は今これだ。ケッコー仲いいと思うw
  1. 2006/06/26(月) 23:08:04 |
  2. URL |
  3. erekiman #1uSHAaYU
  4. [ 編集]

>身分を越えた付き合いができるのがネットの特性なのに
ホントそうですね。

でも、ブログ界では年齢は関係ないと思います。
生意気な15歳を大人の方々は普通に扱ってくれます。
もちろんやなせさんにも^^b
  1. 2006/06/26(月) 23:36:21 |
  2. URL |
  3. おさる #-
  4. [ 編集]

面白いブログに人気が集中する「実力社会」なのか。
それとも、客観的な数字による「階級社会」なのか。

数字によって、暗黙の力関係ができているのは間違いなさそうです。
  1. 2006/06/27(火) 08:20:13 |
  2. URL |
  3. K-Hyodo #t4gGa3gQ
  4. [ 編集]

上位にはどうしてもコメントしづらいというイメージがある。
慣れちゃってる人はコメントできてそこから友好関係作れちゃうけどそういう人に限って順位が上がっちゃうってことかなww

なんにしても積極的なのがのぞましいっすね!
  1. 2006/06/27(火) 14:20:19 |
  2. URL |
  3. HOIHOI #-
  4. [ 編集]

>1位~30位ぐらいのブロガーは仲がいいことが多い。
こうやってどんどん階級が分かれていくんだ!!

まるで、学校の女子社会のように・・・。

ここは一つ、この階級の壁を打破するためにも上流階級の方から下流階級のブログにコメントしていただきたいですね。
きっと、下流階級の方のブログ力向上に繋がることでしょうww

>身分を越えた付き合いができるのがネットの特性
現実での身分は越えれたが、ネット界に新たな身分が生じてしまったのは嘆かわしいですな☆



  1. 2006/06/27(火) 19:07:30 |
  2. URL |
  3. こめごろぅ。 #-
  4. [ 編集]

>ブログ界は意外と階級社会
このへんが日本なのだろーか。
日本は縦社会が普通だという感じがするもん。
敬語なんかは大切だという意識が、ほとんどの人にあるみたいに。

>似た者同士が仲がいいとかいろんな要素
ボケとボケが出会ったとき、大ボケになるんですよねww
ハゲとハゲがd(ry

ちょっとランキングの下位(というのは失礼な感じもする)も見に行って見たくなったw
  1. 2006/06/27(火) 20:33:28 |
  2. URL |
  3. Hikaru! #-
  4. [ 編集]

やっぱそういう傾向あるよねぇ…でも俺まだ始めたばっかだし、
どんどんコメントも相互リンクも来て欲しいんだけどなぁ…(>_<)
どうにかしてこの壁をぶちこわ…そうか!
俺が全裸になってみんなをドン引きさせて順位を下げr
いやそしたらコメントも何も来なくなるな。
  1. 2006/06/27(火) 21:44:24 |
  2. URL |
  3. ムトウ #-
  4. [ 編集]

>>お前に名乗る名などないさん

コメント面白い=ブログ面白い=上位=面白い人
という等式が成り立つのですねっっ!Σ(・ω・ノ)ノ

そうそう! なぜか実力のあるブログは急に上がってくる罠w
>つまりやなせさんと、自分は友達になれるということですね
なぁに、すでに友達じゃないですかw

    ×   ×   ×

>>性悪猫さん

そうか! そのエンドレスの連鎖によってさらに人気が上がり続けるトリックだったのかーーっ!!
>人気の人のブログにコメント書くときに自分のURLを貼る勇気がない
でも、書く勇気があるのが凄いw

なかなか書く勇気が出ないおw
でもいくら有名でもきっとURLを望んでいるさっ(・∀・)9mビシィ!

    ×   ×   ×

>>erekimanさん

>アクセスあげるにはやっぱり時間かけなきゃダメかな
そうとも限らないけど、たしかに時間をかけるのと比例してお客さん増えるよね★
でも、要は発想力とアイディアだよね。
「ランキングのクリック誘導についての考察」とかはなぜかアクセス高かったしww

>僕は今これだ。ケッコー仲いいと思うw
すげーーっ!! 例外は存在するのですね(´▽`*)ウホォw

    ×   ×   ×

>>おさるさん

そうか! 年齢とか、性別とか、国籍とかが関係なくなるから
真の実力主義になってしまうのかーーっ!!!

>15歳を大人の方々は普通に扱ってくれます
これは実社会じゃありえないよねw
出版社とかに15歳が原稿持っていっても相手にしてくれないしw

    ×   ×   ×

>>K-Hyodoさん

年齢とか実社会に関係ある差別はないので、実力主義が浮き出てきた結果かもしれませんね。
自分よりアクセスが上のブログにはコメントしにくい現象は、無意識に「階級」を意識してるんでしょうか?

この暗黙の了解みたいな、壁は存在しているという……
うーん。説明しにくいw

    ×   ×   ×

>>HOIHOIさん

それそれ!(´・ω・`)
なぜかコメントしにくいw
「相手が相手にしてくれるだろうか」という躊躇があるのでーすw

積極性のあるほうがブロガーに向いてるのかもw

    ×   ×   ×

>>こめごろぅ。さん

>こうやってどんどん階級が分かれていくんだ
二極分化は日々進んで行く★

>学校の女子社会のように
お、奥が深すぎるぜっっww
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

そういう行動力がブロガーには必要なのですへ(´▽`*)
そして交流はどんどん大きくなっていく……(エンドレス

>現実での身分は越えれたが、ネット界に新たな身分が生じてしまった
このコメント殿堂入り!
名言発見だw

    ×   ×   ×

>>Hikaru!さん

>日本は縦社会が普通だという感じがするもん
絶えず自分はあいつより偉いってことを確認しないと生きていけない弱い生き物説ですね。
>敬語なんかは大切だという意識が、ほとんどの人にあるみたいに
礼儀がなぜ大切かっていう意味が明確じゃないしね。

大切なものはしまっておこう的思想だww

    ×   ×   ×

>>ムトウさん

始めたばっかりなのに、あの人気とランキングは凄いww♪(´▽`*)
>どうにかしてこの壁をぶちこわ
先行者発見☆(・∀・)ニカーン
全裸wwうごぉww攻撃力アップですじゃ(`・ω・´)キラン
  1. 2006/06/27(火) 23:17:46 |
  2. URL |
  3. やなせ #-
  4. [ 編集]

はじめまして。

初めてこちらもブログを拝見しました。活発に議論が交わされてて、いいブログですね。僕のいる「大学生ランキング」よりもレベルが高いのではと思ってしまいます(笑)いや、本当に。こういうブログがランキングの上位にあがってくることがないですから。ほんとうに、みんなしょうもないことばかり書いています。

 僕はやなせさんとは少し違う意見をもっています。しかし鋭い指摘と視点だとは思います。実際にそういう傾向が顕著ですから。とくにランキングとなると避けがたくやなせさんがおっしゃったようなことが起こります。

 ただ、ブログというのは「階級社会」なのではなく「格差社会」なのだと個人的には思っています。「階級社会」といってしまうと、「最初から階級が決まっていて、そこからはなかなか抜け出そうにも抜け出せない」というニュアンスが強いですね。僕はブログは決してそうではないと思うんです。上の方もおっしゃっていますがどちらかといえば「実力社会」しかし同時に「格差社会」なのだと思います。面白い記事やブログ内での人脈を持っている人はどんどん上にいけるわけです。そうでなければ下のまま。考えてみれば当然のことですが。
 自分よりランキングの近いブログにコメントがしづらいというのは「競争意識」の典型的な表れだと思います。相手のブログが活気付いては困るという心理です。これをどうとるかはそれぞれに意見があることと思います。コメントをして相互リンクをするようになればアクセス数は増えるわけですし。
 問題はたいして面白くもない(少なくとも僕はそうは思えない)ブログがランキング上位に来ていることです。読む方の目も問われていますね。

 「階級社会」「実力社会」「格差社会」「競争意識」

なんだかゴツイ言葉が並んでしまいましたね。

しかし僕はこういう視点ではブログをとらえてはいません。僕のポイントは2つです。
 
①個人が情報発信できる。(これは革命的なことです)
②コミュニケーションツールである。(距離も関係ないしほとんどノーコスト。これも革命的ですね)

 お互い最大限活用したいものです。もっともやなせさんはすでにそうしていますね(笑)

 またお邪魔します。長くなってすいませんでした。
  1. 2006/06/28(水) 19:58:28 |
  2. URL |
  3. yacchiman #-
  4. [ 編集]

>>yacchimanさん

初コメントありがとうございます。
議論が活発なブログを羨ましいと思っていましたが、僕のブログも他人から見ると結構活発に見えるものなのですね。すごく嬉しいです。

なるほど、「階級社会」というのは結果論で、実際は「実力社会」ですね。
その人の実力いかんなわけで、ブログはその人の内面を写す鑑みたいなものかもしれません。
ランキングが近いブログにコメントしにくいのは「競争意識」が働いているというのは真理を突いた答えだと思います。でも、最近になってランキングが近くても気軽にコメントできるようになりました。最初のうちは「競争意識」がありますが時間と共に「仲間意識」も芽生えてくるということもあると思います。

>問題はたいして面白くもない(少なくとも僕はそうは思えない)ブログがランキング上位に来ている
これは、「ブログの面白さ」と「ランキング誘導の上手さ」が混合されていることが原因だと考えています。
ランキングで上位なのは「ランキング誘導」が上手いのであって、必ずしも「ブログの面白さ」が優れているというわけではないと思います。

これは、読者の質もあると思います。読者ユーザーのニーズにあっているかで相対的なブログの面白さも変わってきます。
もしかして大多数の読者は、面白い記事ではなく、面白いコミュニケーションを求めているのかも知れません。
あくまでもランキングは多数決の世界。
マジョリティに受けがいいかが問題であり、マイノリティに向けて記事を書いても面白いことは非常に面白いのですが、「大多数の人にとっては」面白くないという判断が下され、ランキングが下がってしまうのかも知れません。

それから、僕はブログをやる前は、「情報発信の道具」だと思ってました。
でも、ブログをやっていると、「コミュニケーションツール」だってことも分かってきました。
現にブログを通じて何十人と言う友達が出来ました。
ブログの作者が、この2つの機能においてどちらに重点を置いているかも関係しているかもしれません。
  1. 2006/06/28(水) 21:01:37 |
  2. URL |
  3. やなせ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBack URL
http://amusing.blog18.fc2.com/tb.php/456-56baf926

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置