365日坊主

写真,照片,사진,Photo,ภาพถ่าย,foto

plathome




駅の美しさを知っているか?











カメラ小僧がよく電車を撮ってます。
あれは、なぜなんでしょうか?

僕は長年分かりませんでした。






でも、この前駅のホームで撮影していて分かった気がします。

駅は、美しい。

光の織りなす幻想な世界の中に
ひとつの目的を持った不特定多数の人が集まる。

ある種のファンタジーです。











私たちの目的はひとつ。



「目的地に着きたい」




ただこれだけの目的で

人は集まり

光の中を光に乗って走りだす。







この箱に乗れば、次に扉が開いたときは別世界です。
電車に乗るということは、世界を移動する。
ワープする感覚がありました。


だから、上野から秋葉原まで歩いて行けると知った時の驚き。

それはすさまじい。

だって、まったくの別世界だったから。










すべての光は、高速で移動する鉄の反射板に照らされます。




さまざまの色の光が、電車に衝突し、擦れ

消費されていきます。












私は、これに乗って、帰ります。









[6枚組]






  1. 2008/06/15(日) 12:00:28
  2. | Comment:4
<<Making of nude | home | ヌード写真サード>>

Comment

駅とか港とか飛行場って、独特の味わいがあるよね。
夜だったり地下鉄だったりすると、さらに味わいアップ。
意図しない照明効果の不思議。
  1. 2008/06/15(日) 15:35:03 |
  2. URL |
  3. K-Hyodo #t4gGa3gQ
  4. [ 編集]

無機質な感じがいいよね。
  1. 2008/06/15(日) 19:24:55 |
  2. URL |
  3. 鮎chan #-
  4. [ 編集]

いもりゅー

自分がいつも使ってる地下鉄が
こんなにも美しいなんて!
自分の世界観が変わった気がするズェ
  1. 2008/06/15(日) 19:29:00 |
  2. URL |
  3. いもりゅー #-
  4. [ 編集]

>>khさん

飛行場の直線さは気持ちいい。
なんで飛行場ってい雰囲気なのかな。壮大さ? バス停にはない魅力がある。
また無機質で無骨な照明もいいのかな。ベタっとした照明!

    ×   ×   ×

>>acさん

人工的なものであるはずなのに、人の手が加わってるとは思えない。
むしろ人が住むところなのだろうか。
駅に人は住まない。つまり生活感がない。一時的なもの。
その独特さは毒なのか、プラシーボ。

    ×   ×   ×

>>irさん

地下鉄は何人利用して、これからも何キロの重さの物をどれくらい運ぶのだろう。
駅のようなターミナル。枝分かれには、無数のドラマがある。
あのとき、あの駅には何百というドラマがあった。
  1. 2008/06/15(日) 22:43:14 |
  2. URL |
  3. やなせ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBack URL
http://amusing.blog18.fc2.com/tb.php/887-46f62f44

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
+ 月の一覧をひらく
 

カウンター

mail

メールはこちらから

2006年12月14日設置